混合介護は本当に介護業界を救えるのでしょうか。

通所介護、外出同行や買い物支援、物販は可能 混合介護で対応方針 厚労省

 

混合介護についての記事が出ていましたね。

 

弊社でも訪問介護を行っているので今後は何かしら影響は出てくると感じています。

 

混合介護とは簡単に言えば

 

「保険内だとできることが限られるから、自費のサービスならある程度何しても大丈夫」

 

という感じです。

 

訪問介護で具体例をあげると

「ケアプラン上では身体介護のみの利用者様に対しては生活援助サービス(掃除やゴミ出しなど)はできません。ただ、自費のサービスとして別途お金をもらうならできますよ」ってことです(厳密にいうと保険内で身体生活サービスがありますがここでは例えとしてご理解ください)

 

たしかに介護の自由度はあがると思います。

 

私が混合介護を導入するメリットとして考えれるのは以下です。

 

・保険内サービスを家政婦のように使う利用者に対して厳格な線引きができること

・サービスレベルに応じた報酬が得られること

・自費サービスとしてならば利用者もサービス提供側も幅広い対応ができること

 

 

まず、保険のサービスというのはあくまで利用者の自立を手助けするという目的があります。

それをはき違えてサービスを受ける利用者がいることも事実です。

こうした方々に対して厳格な線引きができるのは事業所としてとても助かります。

 

また、保険内のサービスではどれだけクオリティが高いサービスをしたとしても報酬は変わりません。

混合介護であればその事業所の特色を生かしたサービスができると思います。

 

さらに今まではケアプランに含まれていないのでできませんと断っていたサービスにも対応ができます。

もちろんそれ相応の対価として利用料は徴収することが根本ですが。

 

しかし私が危惧するのは問題点の方です。

 

・自由度があがりすぎて責任問題が曖昧になる

・介護保険の目的を希薄化してしまう

・サービスの価格競争に陥る

 

混合介護により自由度は高くなりますが、その分責任の所在や安全性の面で問題が出てくると思います。

また先ほども述べた通り、介護保険の目的はあくまで自立を援助すること。

これが希薄化してしまうと思います。

 

私がいちばん懸念しているのは価格競争です。

 

自費サービスは事業所ごとにサービス価格を決定できます。

 

どの業界でもそうですが、間違いなく価格競争になります。

 

他事業所と差別化しようとして安易にサービス価格を下げてくる事業所が多くなると思います。

 

混合介護のメリットに従業員の給与改善と書いている記事がありますが、本当にそうでしょうか?

価格競争に陥るのが今の日本です。

どんどん安いサービスを求める人々の中で果たしてそれができるのでしょうか?

 

結局は利益をあがらず、従業員の負担が増える。

こんな結末になるのであれば混合介護なんて大々的にやるべきではないと思います。

 

 

あくまで私個人の意見です。

賛否両論あるとは思いますが、大きな介護業界の流れが混合介護である限り私たちは事業所は逆らうことはできないと思います。

 

ぜひ皆さんの意見も聞いてみたいです。