ジョジョから学ぶ理想の上司

出典:荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険第5部」

僕は荒木飛呂彦さんの「ジョジョの奇妙な冒険」は人生の教科書だと思っているほど崇拝しているのですが

 

その中の第5部で「ブローノ・ブチャラティ」というキャラクターがいます。

 

第5部の主人公であるジョルノ・ジョバーナの上司となるキャラクターなのですが

 

何がって、本当にカッコよい上司なんです。

 

まずは

 

「正義の心」

ギャングに所属していながらも薬物を売りさばくギャングに疑問を感じジョルノと一緒に内部から組織を変えていくという意思ッ!

 

「仲間思い」

ジョルノ以外にもブチャラティを慕う部下が登場します。

やはり上司は部下から頼られてなんぼだと思います。頼りになる上司は部下にも好かれますよね。

 

「強い」

敵と対峙することも多いのですが、部下を守るために前線に出て自らが犠牲となっても任務を遂行しようとする心意気があります。

また、強いです。

主人公のジョルノも大概ですが、ブチャラティもかなりの戦闘能力です。

 

 

そんなブチャラティにいつしか僕は憧れていました。

 

たかが漫画のキャラクターって感じかもしれませんが、(立場的に社内には上司がいない)僕から見れば最高の上司なのです。

 

きっと僕以外にもブチャラティが上司だったらなぁーと考えた人はいるのではないでしょうかw

 

 

『覚悟はいいか?おれはできてる』