小さな会社の2代目社長とか後継者に読んでほしい本

僕はヒロワールドの2代目社長になります。

(正確にはまだ父親が社長ですが)

 

もともと、東京にある専修大学経営学部経営学科を卒業してからは、日用品や化粧品、医薬品を取り扱う業界最大手の一部上場企業に就職していました。

 

営業職でしたが、大手ドラッグストアの医薬品を担当していました。

 

大企業なので、営業以外の仕事はしたことがなかったですし、もちろん自分で伝票も切ったことがないし、物流部門は別にあるので自分で販売した商品でさえ自分で納品したことがないくらいでした。

 

仕事は本部での商談と店舗の新店開業や改装。

 

会議とかはちょいちょいありましたが、基本的には数字を作ってなんぼなので先輩社員と日々数字に追われた日々を過ごしていました。

実家に帰ることになって・・・

まぁ、もうこのままこの会社でいいかなーと考えていた矢先に父親から戻ってきてほしいと連絡がありました。

 

色々な理由がありますが、2代目社長になる人が実家に帰ってくるよくある理由ですw

 

正直心残りはありましたが、一生に一度の親孝行にもなるししょうがないか・・・と思って帰ってきたのが4年前です。

なんでこんなことまで・・・

帰ってきてからは一言で言えば大変でした。

 

何がって、大企業いるときには伝票も自分で切らないし、荷物なんて自分で開けないし、電話応対なんてしなかったわけです。

 

なのに営業としても利益をあげなければいけないし、雑務も多い、やることが多すぎておかしくなりそうでした。

大企業のノウハウを取り入れる

帰ってきて最初にやったのは業務の効率化。

 

仕入れなどを徹底的に見直し、無駄なコストを削減することからはじめました。

 

やっていることは間違っていないとは思いますが、楽しくないし、根本的に中小企業で大企業の真似をするのは逆にやっちゃダメなことなんですよね。

だって、大企業は社員数も多いし、利益をあげる部門も複数ある、経理や総務もいるし、もう中小企業が真似できる余地なんてないわけですよ。

 

ここに気付くまでにけっこうな時間がかかりました。

 

もちろん営業に関してもです。

 

僕は大企業での営業スタイルしか知りませんでした。

 

たしかその時は月で1億6000万くらいのノルマがありましたし、1回の商談で8000万とか決まることも普通でした。

 

そんな営業をしていた僕が、歯科医院で1つ何百円~何千円のものを細々売ることに歯がゆさを覚えるのと、当時はこんな売り上げでいいのかよって思いがとても強かったです。

エクスマとの出会い

そんなつまらないし、利益もあがらないし、価格競争ばかりの仕事にイライラしながら過ごしていましたが、ある日Twitterのフォロワーさんがエクスマについてツイートしていました。

 

なんだこれ?と思ってエクスマとググってみました。

 

藤村ってひとが提唱していて、なんか宗教みたいで気持ち悪いなーってのが最初の感想でした。

 

ですが、仲の良いフォロワーさん(経営者)が勧めてるし、物は試しでとりあえず本でも読んでみるかって感じで1冊目の本を読みました。

仕事は楽しいもの

エクスマの本を読み始めて、本当に今までの考えが180度変わりました。

 

仕事って日本人にとっては、ツライものって感覚を持つ人が多いと思います。

 

僕も、前の会社の同期と会うとよく仕事がめっちゃ忙しくて大変と言われます。

 

実際僕も吹けば飛んでしまうような小さな会社なので、精神的にはつらいときは多々ありますw

 

でも、僕らみたいな2代目とか後継者は株式会社といってもほぼ家業ですし、仕事=人生みたいなもんですよね。

 

だから仕事が楽しくないってことは人生も楽しくないってことなんですよね。

売込みはしない

エクスマってエクスペリエンスマーケティングの略で

 

モノを売るのではなく体験を売るっていう概念なのですが

 

モノが溢れかえっている現代では、ダイレクトメールや広告などで売込みばかりしている企業は淘汰されて

 

顧客と関係性が強い企業が伸びていく。

 

そこにはモノではなく、モノを買ったことで得られる体験が重要となっているということです。

 

例えば、僕らは歯ブラシを売っていますが歯ブラシを買う目的はなんでしょうか。

歯ブラシが欲しいのではなく、歯ブラシを使うことで歯がきれいになったり、健康になるという体験が欲しいんですよね。そこを勘違いしてこの歯ブラシがの特徴は~なんてセールスしていたら、そのお客様のためにもならないですよね。

あくまでお客様が求めているのは、商品の特徴ではなく、何を得られるのかですよね。

 

こんな感じのがエクスマなんですが、そこには売込みという概念は存在しません。

関係性で売れる

エクスマの中では、大規模に販促をかけるとかではなく、顧客ひとりひとりとの関係性を構築することが大切であるとされています。

 

それには膨大な時間と労力がかかるかもしれませんが、僕らみたいな小さな会社は大企業みたくコマーシャルとうったり、多額の費用を投じて宣伝をすることは困難です。

 

だからこそ、一層顧客との関係性が大切なんですよね。

 

んー、ここに気付くまでに4年かかりましたw

 

ますサラリーマン感覚がなくなってきたのが最近ですがねw

同じ境遇の人にぜひ読んでほしい

グダグダ書いちゃいましたが、要は同じ境遇の人にぜひエクスマを知ってほしいということです。

 

もちろんそんなうまくいくはずがないと考える人はいると思います。

そういう方には向かないと思うので、エクスマはやめましょうw

 

でも何かきっかけを探している方にはぴったりだと思います。

 

むしろ、一緒に勉強しましょうw

 

僕のまわりには自分と同じ境遇の方はほとんどいません。

 

なのでもしこういったことがきっかけで知り合いになれるのならそれもまた縁だなーと思います。

 

SNSもやっていますので、同じ境遇の方、ぜひ一緒に頑張っていきましょう!!!