CADCAM冠大臼歯保険適用(追加情報)

 

 

 

  大臼歯に使用するブロックについての機能区分が明確化されました。 

 

 

 

 

 

大臼歯に使用するブロックは、小臼歯用ブロックとは機能区分の定義が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省20171130日通知(保医発11301 )で、CAD/CAM冠の機能区分の考え方に

ついて、以下のように示されています。

 

(2)機能区分の考え方

 構成成分及び物理的性質により、CAD/CAM冠用材料(Ⅰ) 及びCAD/CAM冠用材料(Ⅱ)の

 合計2区分に区分する。

(3)機能区分の定義

 ① CAD/CAM冠用材料(Ⅰ)

  ア シリカ微粉末とそれを除いた無機質フィラーの合計が60以上であること。

  イ ②に該当しないこと。

 ② CAD/CAM冠用材料(Ⅱ)

  ア シリカ微粉末とそれを除いた無機質フィラーの合計の質量分率が70%以上であること。

  イ ビッカース硬さが75HV0.2以上であること。

  ウ 37℃の水中に7日間浸漬後の3点曲げ強さが240MPa以上であること。

  エ 37℃の水中に7日間浸漬後の吸水量が20μg/以下であること。

 

このようにCAD/CAM冠用材料(Ⅱ)」は、より高い物性求められていることがわかります。

それぞれの機能区分の材料は、以下のように、小臼歯や大臼歯に使い分けることになります。

 

ア CAD/CAM冠用材料(Ⅰ)は小臼歯に使用した場合に算定できる。(材料価格382点)

イ CAD/CAM冠用材料(Ⅱ)は大臼歯に使用した場合に算定できる。(材料価格523点)

ウ CAD/CAM冠用材料(Ⅱ)を大臼歯に使用した場合は、製品に付属している

  使用した材料の名称及びロット番号等を記載した文書(シール等)を保存して管理

  すること(診療録に貼付する等)。

 

このように大臼歯では、従前の小臼歯でのCAD/CAM冠とは異なり「文書(シール等)」が必要です。

 

 

12月1日からCADCAM冠大臼歯に対する問い合わせが増加しております。

 

また、セラスマート300も品薄になっております。

 

 

おそらく、年明けからは他社メーカーのブロックが大臼歯ブロックとして保険導入される見込みです。