CAD冠大臼歯保険適用について

おととい(20171122日)開催された中央社会保険医療協議会総会にて、201712月収載予定の医療機器の保険適用について議題にのぼりました。

 

 

この中で、CAD/CAM冠の大臼歯保険適用の決定区分と価格が提案されましたのでお知らせします。

※ 正式な保険適用の結果は、12月初めに公開される官報に掲載される見込みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「下顎第一大臼歯に使用される場合に算定」と示されています。   

 

厚生労働省WEBサイトに本日公開された中央社会保険医療協議会総会資料によりますと、

「大臼歯については、上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、

過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合に算定できる。」との

案が記載されています。

 

   使用には一定の条件が提案されています。

 

留意事項案として、以下のとおり記載されています。

「大臼歯については、上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合指示がある患者に対し、

過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合に算定できる。」

 

咬合状態や対合歯とのクリアランス、ブラキシズムなどは、補綴物の安全な使用のため、避ける

ことが想定されているようです。

 

なお、技術料は従来どおり「M015-2 CAD/CAM冠 1,200点」とされています。

 

【厚生労働省 中央保険医療協議会 総会(第372回)】

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000184933.html

 CAD/CAM冠については、PDF「総-1-1」 15ページ~17ページに記載があります。