彼を知り、己を知れば、百戦殆からず。

ヒロワールドの福島です。

 

今日は私の愛読書をご紹介します。

 

【孫子】という本です。

孫子は孫武という人が書いた古代中国の兵法です。

 

 

その中でも以下の言葉が大好きです。

 

「彼を知り、己を知れば、百戦殆からず。」

 

 

 

どんな意味かというと

「敵と味方の実情を熟知していれば、百回戦っても負けることはない。敵情を知らないで味方のことだけを知っているのでは、勝ったり負けたりして勝負がつかず、敵のことも味方のことも知らなければ必ず負ける」

 

という感じです。

 

古代ではもちろん兵法なので、戦争に使われていましたが、現代ではビジネスで参考にされることが多いです。

 

彼を知り、己を知れば、百戦殆からず。とは本当にその通りであり、私も得意先にセールスする場合やビジネスモデルを考えたりするときにいつも参考にしています。

 

そんなの当たり前でしょ~と思う方もいらっしゃるかと思いますが、あらためて振り返ってみると案外その当たり前ができていないことが多いんですよね。

 

得意先でのセールスでうまくいかなかった・・・

社内のプレゼンがうまくいかなかった・・・

またミスをしてしまった・・・ 等々

 

あらためて振り返ってみると、相手のことだけ考えすぎていたり、逆に自分のことだけ考えすぎていたりと、けっこう自分本位になってしまっているんですよね。

 

そんなときに孫子を読み返すと毎回よく気づかされます。

 

孫子を読み返すたびに身が引き締まる想いなので、ご興味のある方はぜひ一度読んでみてください。

きっと何かお役に立つ知識になると思いますよ!